ITR Review

レガシーマイグレーションのための要件定義 ― 移行コストに基づいた「維持/修正/廃棄」の判断 ―

執筆者: 甲元 宏明 | 発行号: 2020年12月号

DXやビジネスイノベーションを推進するためにレガシーマイグレーションを推進する企業が増えているが、レガシーマイグレーションに多くの時間を費やせば、DXやイノベーションのスピードは低下する。レガシーマイグレーションを検討する際には、現行機能の「維持/修正/廃棄」の判断をユーザー部門に任せるのではなく、IT部門が移行コストを算出したうえで客観的かつ迅速に行うべきである。

ダウンロード
お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日10:00 〜 18:00(土日祝は除く)