ITR Review

コロナ禍で再考するBCPとしてのDaaS ― Windows Virtual Desktopで変化するDaaS市場 ―

執筆者: 三浦 竜樹 | 発行号: 2020年07月号

Microsoft社が2019年10月1日にリリースしたWindows Virtual Desktopは、Windows 10をマルチセッションで接続できる唯一のDaaS(Desktop as a Service)であり、従来のVDI/DaaSのコスト面の障壁を下げることが期待されている。一方、コロナ禍によりBCP対策としてDaaSを再考する企業も少なくないであろう。本稿では、ITRが2020年4月に実施した調査からクライアント仮想化関連ソリューションへの投資意欲とWindows Virtual DesktopがDaaS市場に与える変化について考察する。

ダウンロード
お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 〜 17:30(土日祝は除く)