Pocket

ITR Review

システム思考を再考する ― 複雑な問題に対処するためのアプローチ ―

執筆者: 浅利 浩一 | 発行号: 2020年06月号

デジタル変革に向けて要件が明確でないシステムやサービスの設計や企画におけるアプローチとして、デザイン思考が注目されている。また、短期間で反復を繰り返しながらシステムを完成させるアジャイル開発も、デジタルイノベーションに適した手法として活用が進んでいる。そのいずれにおいても重要なのは、システムの設計・開発における急所や問題解決の考え方を体系化したシステム思考であり、システム思考とデザイン思考は表裏一体で活用していくべきである。

ダウンロード
お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 〜 17:30(土日祝は除く)