Pocket

ITR Review

超高速開発ツールの価値と限界 ― 適用領域を絞った内製支援ツールとしての活用 ―

執筆者: 甲元 宏明 | 発行号: 2019年09月号

超高速開発ツールはコーディング経験がないIT部門にとっては魅力的に映るが、決して万能薬ではない。過去にも簡易開発ツールは数多く提供されてきたが、いずれも失敗に終わっているといっても過言ではない。超高速開発ツールの検討にあたっては、利用上の制約や限界を見定めたうえで、適用領域を限定して活用する必要がある。

ダウンロード
お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 〜 17:30(土日祝は除く)