Pocket

ITR Review

チャットボットの最新動向 ― AI、シナリオベース、有人対応に3区分される適応領域 ―

執筆者: 三浦 竜樹 | 発行号: 2018年12月号

チャットはコンシューマー市場においてはすでにコミュニケーション手段としての地位を確立している。一方、企業においては、顧客接点でのチャット利用が重要度を増しており、Web接客やカスタマーサポートの自動化を目的にAIチャットボットの導入を検討する企業が増えている。そこで、本稿ではチャットボットの現状とその適用領域について解説する。

ダウンロード
お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 〜 17:30(土日祝は除く)