ITR Review

エッジコンピューティングの需要動向 ― 分散アーキテクチャがもたらすメリット ―

執筆者: 金谷 敏尊 | 発行号: 2018年06月号

データセンター側にデータを集約して処理を行うクラウドコンピューティングが普及する一方で、データソースや端末の近辺に実行環境を分散配置するエッジコンピューティングへの関心が高まっている。エッジ側での大量データに基づく迅速かつ自律的な応答を求めるIoTシステムにおいて、有効な解のひとつとなりうる。

ダウンロード
お電話からの
お問い合わせ
03-6258-5831平日10:00 〜 18:00(土日祝は除く)