Pocket

ITR Review

RPA導入アプローチの体系化 ― 業務プロセスからアクティビティを導出する ―

執筆者: 浅利 浩一 | 発行号: 2017年11月号

RPA製品・サービスに注目が集まっているが、導入アプローチの体系化や整備が後追いになっていることが懸念される。また、自動化による生産性向上とガバナンスを両立できる枠組みの検討も不十分ではないかと見られる。企業は、主体的にRPAの対象となるアクティビティを導出していくべきであり、ベンダーに丸投げすることは避けるべきである。

ダウンロード
お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 〜 17:30(土日祝は除く)