Pocket

ITR Review

将来課題の抽出フレームワーク ― 長期IT計画立案に向けた仮説立案手法 ―

執筆者: 内山 悟志 | 発行号: 2014年11月号

ビジネス環境の変化も技術革新が著しいことから、5年先を予想することさえ困難であることはいうまでもない。一方で、抜本的な業務改革やITインフラの構造改革は一大プロジェクトであり、長期的な視点を持って臨まなければならない。本稿では、長期的なIT計画を立案する際に用いる仮説立案と課題抽出の手法を紹介する。

ダウンロード