Pocket

ITR Review

会議改革はなぜ進まないのか ― 効率化の追求を超えて会議そのもの意義を再考する ―

執筆者: 内山 悟志 | 発行号: 2014年11月号

業務時間の大半を会議に費やしているという管理職社員は多い。一見、合理的でかつ民主主義的と考えられてきた「会議」は、企業において意思決定を下す方法として最も多く用いられている手法である。しかし、社内のあちこちで日々行われている会議のどれほどが生産的に遂行されているのか、あるいは本当に必要なものといえるのだろうか。

ダウンロード