Pocket

ITR Review

2014年度のSE単価動向 ― 単価は下げ止まるが上昇には転じず ―

執筆者: 川野 達也 | 発行号: 2014年09月号

リーマンショック以降低迷を続けていた日本経済は、2013年より回復し始めている。規模や業種によって異なるものの全体として企業業績を好調と捉え、ソフトウェア投資に積極的な姿勢が見られる。そのような中、2009年度の調査以降下落を続け、2012年度で下げ止まった感があるSE単価について、日銀統計データや本年度のITR調査を基にどう変化していくのかを考察する。

ダウンロード