Pocket

ITR Review

ワークスタイル変革の推進主体 ― 将来の働き方を描くのは誰か ―

執筆者: 内山 悟志 | 発行号: 2014年06月号

ワークスタイル変革は、デバイスやツールの導入だけで実現できるわけではなく、組織運営方法や人事制度など改革が必要となることが多岐にわたることから、その推進主体があいまいになりがちである。一方で、次世代のワークスタイルにおいてIT活用が重要な役割を担うことは疑いようがなく、IT部門に能動的な姿勢が求められる。

ダウンロード