Pocket

ITR Review

注目されるインメモリ・データベース ― 本格化する市場競争での検討の留意点 ―

執筆者: 生熊 清司 | 発行号: 2014年01月号

1990年代後半に市場に投入されたインメモリ・データベースであるが、SAP社がHANAによって主張したインメモリ・データベースによる処理高速化の利点は、既存のデータベース・ベンダーに多くの影響を与えた。2014年には、RDBMSの主要ベンダーであるIBM社、Microsoft社、Oracle社からインメモリ機能を強化した製品が出揃うことで、競争の激化と本格的な利用が開始されることになる。本稿ではインメモリ・データベースに対するユーザー調査の結果をベースにこれからの市場動向を述べる。

ダウンロード