Pocket

ITR Review

インメモリ・データベースによる性能向上効果 ― SAP HANAにおけるデータ処理の高速化 ―

執筆者: 浅利 浩一 | 発行号: 2013年11月号

データ処理の高速化は、現状システムの性能に問題を抱える多くの企業が切望している。そのようななか、主要なデータベース製品がインメモリ機能を強化してきており、OLAPだけでなくOLTP処理を両立した性能向上をアピールしている。業務システムにおけるインメモリ処理の効果について、SAP社のHANAの動向を基に考察する。

ダウンロード