ITR Review

RFPの有効性を高める ― 守りから攻めへの転換 ―

執筆者: 広川 智理 | 発行号: 2013年04月号

2008年のリーマンショック以降、RFP(Request For Proposal:提案依頼書)を作成する企業が増加している。しかし、RFPの作成には多大な時間と工数を要するため、その作成が目的となってしまい、RFPの本来の目的や有効性が忘れられてしまうことが多い。本稿では、IT部門が再認識すべきRFPの役割と使用方法について述べる。

ダウンロード
お電話からの
お問い合わせ
03-6258-5831平日10:00 〜 18:00(土日祝は除く)