Pocket

ITR Review

2012年度のSE単価動向と今後の見通し

執筆者: 広川 智理 | 発行号: 2012年09月号

リーマンショック以降、東日本大震災の影響などによりさらに低迷を続けていた日本経済も一部の指標においてようやく回復の兆しが見え始め、企業のIT投資も増加傾向を示している。こうしたなか、下落を続けていたベンダーのSE単価も、一部で上昇の兆しが見え始めている。本稿では、日銀統計データなどに見られるSE単価変動の実態を紹介し、2013年度に予想されるSE単価上昇について論じる。

ダウンロード
お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 〜 17:30(土日祝は除く)