Pocket

ITR Review

着地点としての仮想プライベート・クラウド

執筆者: 金谷 敏尊 | 発行号: 2012年06月号

パブリック・クラウドを利用する企業は急速に増加しているものの、現在の国内市場規模はアウトソーシング市場規模の1割に満たない。その背景には、パブリック・クラウドが高度に標準化されているがゆえに、企業ITの包括的な受け皿になりにくいという事情がある。これを打開するモデルが仮想プライベート・クラウド(VPC)であり、クラウド活用を推進する企業にとって現実的な着地点となる。

ダウンロード