Pocket

ITR Review

要求の引き出し能力を高める

執筆者: 広川 智理 | 発行号: 2012年05月号

ユーザー企業のITプロジェクトにおいては必ず要求定義が行われ、ステークホルダーなどからの要求引き出しが行われている。しかし、プロジェクト半ばでの要求の追加や変更が後を絶たず、開発遅延や品質不足を引き起こしている。本稿では、ユーザー企業が要求定義力を高めるために活用できる、BABOK(Business Analysis Body Of Knowledge)に記載された要求の引き出し手法について論じる。

ダウンロード