Pocket

ITR Review

アーキテクトの役割

執筆者: 浅利 浩一 | 発行号: 2012年02月号

ITが経営および事業戦略立案と遂行において欠かせざる推進要素になるとともに、これまで以上に企業IT全体の設計を担うアーキテクトの役割が重視され存在意義が問われている。特に、ビジネスとITを可視化して関連づけながら新たなアプリケーションとIT基盤の設計を主導する、ビジネス・アーキテクトを企業内で育成することが急務となる。

ダウンロード