Pocket

ITR Review

分析を業務プロセスに組み込む

執筆者: 内山 悟志 | 発行号: 2011年10月号

分析は、大量のデータが蓄積され、それを基に何らかの仮説を検証するためだけに行うものだという考えは一時代前のものとなっている。分析が日々の意思決定や業務プロセスの一部になっていることが分析力を武器にする企業の条件となる。本稿では、分析を業務プロセスに組み込むことで意思決定を自動化することが有効な領域を見極めるための考え方を示す。

ダウンロード