Pocket

ITR Review

現状の可視化の活用

執筆者: 浅利 浩一 | 発行号: 2011年05月号

現状業務の可視化と、可視化を踏まえたシステム化構想に着手しながら、上手く成果を出すことができないケースが見られる。企業は、適切なステップを踏みながら可視化を進めつつ、そのドキュメントを活用することで、経営と現場の課題をすり合わせながら作業を進めるべきである。

ダウンロード
お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 〜 17:30(土日祝は除く)