Pocket

ITR Review

成熟へ向かうインフラ仮想化(後編) - 成熟度評価モデルの活用 -

執筆者: 金谷 敏尊 | 発行号: 2010年12月号

仮想化の最終段階はサービス・プロバイダと同等の運用管理が求められる。IT部門はインフラ仮想化の成熟度を評価することで立ち位置を知り、自社の環境に適合する施策を採用しながら、仮想化から得られる利益を段階的に拡大していくことができよう。

ダウンロード