Pocket

ITR Review

クラウド型メールサービスの現在地

執筆者: 舘野 真人 | 発行号: 2010年11月号

ここにきて、国内企業の間でメールシステムのリプレースを検討する動きが出始めている。その背景には、パブリック・クラウド環境から提供されるSaaS型メールサービスが成熟度を増しているという事情がある。本稿では、Google社、Microsoft社、IBM社という大手ベンダーのサービスの比較を通して、SaaS型メールサービスの今後の方向性を探る。

ダウンロード