Pocket

ITR Review

SOAの現状と有効性の再認識

執筆者: 生熊 清司 | 発行号: 2009年11月号

経済不安や理想と現実のギャップから、近年「SOAは死滅した」と叫んでいるアナリストやマスコミも多いが、実際には見当違いである。メインフレームを起点に発展してきた情報システムにおいて、SOAは根本的なITアーキテクチャに対する変革を促す構想といえる。企業はSOAの意 義を再確認し、現実的な課題解決にどのように利用できるのかを再考すべきである。

ダウンロード