ITR Review

再考:アウトソーシング・ガバナンス

執筆者: 舘野 真人 | 発行号: 2009年08月号

コスト・プレッシャーが高まるなか、IT部門が担ってきた機能をアウトソーシングしようという機運が再び高まりつつある。しかし、コントローラーたるIT部門に十分な人的リソースをもたずに安易にコストメリットを追い求めるのは危険である。IT組織のスリム化が加速しようとしている今、アウトソーシングにおける現実的なガバナンスモデルを考慮しておく必要がある。

ダウンロード
お電話からの
お問い合わせ
03-6258-5831平日10:00 〜 18:00(土日祝は除く)