ITR Review

アプリケーション仮想化の現実と課題

執筆者: 浅利 浩一 | 発行号: 2009年06月号

サーバ仮想化への注目が高まっている。サーバ集約化によるコスト削減、ワークロードやリソース管理の柔軟性、運用管理の効率性などを目的に取り組みを進める企業が多い。現時点での仮想化は、柔軟性の高いインフラの提供に焦点があてられているが、サーバの仮想化はエンタープライズ・アプリケーションにも効果的であるのだろうか。

ダウンロード
お電話からの
お問い合わせ
03-6258-5831平日10:00 〜 18:00(土日祝は除く)