Pocket

ITR Review

普及期に突入するx86系サーバ仮想化

執筆者: 三浦 竜樹 | 発行号: 2008年06月号

x86系サーバの仮想化技術が本格的な普及期に入ろうとしている。2008年は、Microsoft社の新しい仮想化技術であるHyper-Vのリリースを控え、またXenSourceを買収したCitrix社とVMware社は、サーバベンダーへのハイパーバイザのOEM供給を展開し始めている。本稿では、x86系サーバ仮想化の市場動向およびベンダー動向について述べる。

ダウンロード