Pocket

ITR Review

ディザスタ・リカバリ構想化の成功要因

執筆者: 金谷 敏尊 | 発行号: 2007年11月号

事業継続性を確保する目的でDR(ディザスタ・リカバリ)を検討する企業が増加傾向にある。しかし、DRは社会的規制の介入が比較的弱く、企業固有の経営環境が強く影響する分野であることから、現状評価や計画立案はIT部門の裁量に大きく依存することとなる。DRの構想化にあたっては、事業継続に対する経営方針との連携を確保することが重要な成功要因となる。

ダウンロード