Pocket

ITR Review

BPMツール製品の導入で必要とされる配慮

執筆者: 冨永 裕子 | 発行号: 2005年06月号

どのようにビジネスプロセスを合理化し、ビジネスへの貢献度を高めるかに関心が高まってきている。BPM (Business Process Management) ツールの最終的なターゲットは業務に携わるエンドユーザーである。しかし、現時点ではBPMツールは未成熟であり、IT部門は最適な導入タイミングを計画することに悩むことになる。本稿では、今後の導入を考えるうえで不可欠な業務部門との対話のポイントを解説する。

ダウンロード