ITR Review

Eビジネス向けプラットフォームとしてのLinux

執筆者: 西村 一彦 | 発行号: 2001年05月号

Eビジネス向けプラットフォームとしてLinuxが注目を浴びており、Web層のみならずアプリケーション・サービスからバックエンド層での採用に期待が高まっている。しかし、堅牢なシステムを構築するためのプラットフォームとして利用するには、時期尚早であると考えられる。ユーザーは堅牢性などのシステム要件を考慮し、Linuxの利用を慎重に検討すべきである。

ダウンロード
お電話からの
お問い合わせ
03-6258-5831平日10:00 〜 18:00(土日祝は除く)