Pocket

ITR Review

Web技術の見通しと採用の妥当性の検証

執筆者: 鍛治 智子 | 発行号: 2000年02月号

企業はWeb技術がもたらすリスクの許容範囲と現行組織のプラクティスと比較し、Web技術がもたらすリスクとメリットのバランスを取り、採用計画を策定することが必要である。2000年上半期には保守的な組織へもJava が浸透し、また多くの組織ではカスタマイズしたデータ/アプリケーションの交換のために Enterprise JavaBeans や XML が試行され、先端的な組織では導入も開始されると見られる。

ダウンロード
お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 〜 17:30(土日祝は除く)