Pocket

ITR Review

システム品質保証の重要性

執筆者: 内山 悟志 | 発行号: 2000年01月号

システム構築におけるベスト・プラクティス(最良の実践方法)は数々存在する。日本でもさまざまな取り組みが進んでいるが、情報技術が企業経営の重要なインフラとなりつつある今日においても、システムの品質管理および検証におけるプラクティスを重要視している企業は少ない。コスト削減のためにもソフトウェアの品質保証は肝要であり、そのプロセスの整備が求められる。

ダウンロード
お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 〜 17:30(土日祝は除く)