ITR Insight

システム運用のサービスレベル管理

執筆者: 内山 悟志 | 発行号: 2001年

システム運用において外部リソースを利用する機会が増加していることと呼応して、ITサービスの品質水準を管理する必要性が顕在化してきた。また、自社IS部門でシステムを運用する場合であっても、運用効率の向上およびコストの適正化への要求は高まっており、サービスレベル管理への関心が高まっている。しかし、多くの日本企業では、ベスト・エフォート型の従来の運用が行われている。ここでは、サービスレベル管理のあり方とその導入および実施方法について述べる。

ダウンロード
お電話からの
お問い合わせ
03-6258-5831平日10:00 〜 18:00(土日祝は除く)