Einstein's Eye

Are Smart Cameras Emerging as the Ultimate IoT Device?(スマートカメラは究極のIoTデバイスとなり得るか)

執筆者: Marc Einstein | 発行号: 2022年06月号

As the global IoT ecosystem continues to mature, there has recently been more of a shift towards devices and away from networks. Network connectivity has been increasingly seen as less of an issue as there are now several options for enterprises to use to deploy IoT solutions including everything from Bluetooth to Wi-Fi to Private 5G. Therefore, IoT devices are now becoming more in demand for IoT solution users and while a wide variety of connected sensors exist in a myriad of form factors, what is still largely absent in the market is a versatile, low-cost, and highly intelligent device. Recently smart cameras have made a claim to fill this role as new applications, economies of scale and better software are all coming together to make smart cameras a “must have” IoT device for a wide variety of enterprises.【抄訳】グローバルなIoTエコシステムの成熟に伴い、各種デバイスおよびネットワーク接続の移行が進んでいる。Bluetooth、Wi-Fi、5Gなど、企業がIoTソリューションを展開するうえで利用できる選択肢が増えたことで、ネットワーク接続の問題は減少してきている。これにより、IoTソリューションの導入企業においてIoTデバイスの需要がますます高まっており、多様なコネクテッド・センサーが存在するが、市場には、汎用性が高く、低コストで、高度なインテリジェンスを備えたデバイスがまだほとんど存在しない。しかし、最近になって、新しいアプリケーション、規模の経済性、優れたソフトウェアを備えた「スマートカメラ」がその役割を果たし、あらゆる企業にとって「必須」のIoTデバイスになるといわれている。

ダウンロード
お電話からの
お問い合わせ
03-6258-5831平日10:00 〜 18:00(土日祝は除く)