Einstein's Eye

Introducing the Metaverse(メタバースとは何か)

執筆者: Marc Einstein | 発行号: 2022年02月号

One of the biggest and most unexpected news items in the tech industry in 2021 was Facebook’s announcement that it will be renaming itself to “Meta,” indicating the company’s ambitions to evolve its current social media offering to a much more expansive, interactive, and immersive product. This in turn has generated significant hype across the industry and also made “metaverse” the latest buzzword, with many companies rushing to link their offerings with the metaverse concept in order to generate media activity. Important media figures are also weighing in on the metaverse, such as Bill Gates, who recently said that most company meetings will happen in the metaverse within 2 to 3 years, and rapper Snoop Dogg, who recently made headlines after someone paid US$450,000 to be his virtual neighbor in the Sandbox metaverse. Yet as with all buzzwords, beyond the media attention, there are very solid technologies behind the concept of a metaverse, which in fact have been in development for many years, and although it will likely take considerable time to develop, the metaverse is indeed something that IT departments should increasingly pay attention to for long-term business planning.【抄訳】2021年のテック業界における最大かつ予想外だったニュースのひとつは、Facebookが社名を「Meta」に変更すると発表したことであり、同社は現在のソーシャルメディアをより拡張性のある、インタラクティブかつ没入感のあるサービスに進化させるという狙いを示した。これにより、「メタバース」という言葉が流行語となり、多くの企業が自社の提供するサービスをメタバースのコンセプトと結びつけてメディア活動を行っている。メディアのキーパーソンもメタバースを重視しており、例えば、ビル・ゲイツ氏は、2、3年以内にほとんどの企業の会議がメタバースで行われるようになると発言した。また、メタバース「The Sandbox」では、人気ラッパーのスヌープ・ドッグ氏に隣接するバーチャルスペースが45万ドルで購入されたことも話題となった。しかし、メタバースは単なる一過性の流行ではなく、そのコンセプトは実際何年も前から開発されている非常に確かな技術で支えられている。開発にはさらに多くの時間がかかると見られるが、IT部門は長期的な事業計画の立案に際してはメタバースに注目すべきである。

ダウンロード
お電話からの
お問い合わせ
03-6258-5831平日10:00 〜 18:00(土日祝は除く)