Pocket

Einstein's Eye

Retail Tech 2.0 for a Post-COVID-19 World(アフターコロナ時代のリテールテック2.0)

執筆者: Marc Einstein | 発行号: 2020年08月号

The retail industry is one of the most heavily impacted industries due to the COVID-19 pandemic, and the sector is under massive pressure to reinvent itself as the world considers a “new normal.” The brick-and-mortar retail industry has been struggling for years largely due to the rise of e-commerce, a phenomenon the United States calls the “retail apocalypse,” and now COVID-19 has dealt a death blow to several once prominent retailers, such as J. Crew and Neiman Marcus, which have filed for bankruptcy protection. Japan’s retail sector has not been as severely affected compared to the US and some European countries due to a milder business lockdown, but some retailers, such as Renown, have filed for bankruptcy domestically. As such, many retailers are now being forced to re-evaluate their entire operations both in terms of financial viability and public safety.【抄訳】小売業界は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックによって最も大きな影響を受けた業界のひとつである。世界が "ニューノーマル "への対応を迫られるなか、同業界は事業再生に向け、大きな重圧にさらされている。Eコマースの台頭により実店舗を持つ小売業界は長年苦戦を強いられ大量閉鎖が起こっており、米国では「小売業の黙示録」と呼ばれている。同業種はCOVID-19によってさらに致命的な打撃を受け、J. Crewや高級百貨店Neiman Marcusといった大手企業も破産法申請を行った。米国や欧州の一部の国で行われたロックダウン(都市封鎖)による大打撃は日本では現状ないものの、レナウンをはじめ一部の国内の小売業も破産申請を行っている。現在、多くの小売業者は、財政面での存続の可能性と公共の安全性の両面から、事業全体の評価を迫られている。

ダウンロード