Pocket

Einstein's Eye

Japan IoT Predictions for 2018(国内市場における2018年のIoT予測)

執筆者: Marc Einstein | 発行号: 2018年04月号

2017 was an exciting year for the IoT and telecom market in Japan as there has been increasing uptake of advanced solutions in the market. Most IoT deployments in Japan are in the Proof of Concept phase, but in 2018, we expect this to quickly change as an increasing number of solutions become commercial. According to recent ITR research (the “IoT Investment Survey”), only 21% of large and middle-sized Japanese companies deployed IoT solutions in 2017, but as we expect this number to pass 40% by 2020, 2018 will be a year of significant market activity. The telecom market is also advancing as 2018 will see new wireless technologies introduced in Japan which will help develop the market.【抄訳】2017年はIoT市場と通信市場において国内で先進的なソリューションが普及し刺激的な1年となった。日本の大半のIoTは実証段階にあるが、商用化されるソリューションの増加で、2018年に市場は急速に変化すると予想される。ITRが実施した「IoT投資実態調査」によれば、日本の大企業および中堅企業においてIoTソリューションを導入している企業は、2017年は21%であったが、2020年までに40%を上回ると予測しており、2018年は非常に重要な動向を示す一年となるであろう。また、2018年は新しい無線技術が国内で導入され市場が開拓されることで、通信市場も進展すると見ている。(本文は英語です)

ダウンロード