サーバ仮想化の次に行うべきITインフラの整備とは何か

サーバ仮想化は、ITインフラ整備の現実的なソリューションとして、多くの企業での利用が浸透しています。しかし一方で、ITインフラには、より迅速かつ柔軟なリソースの提供など、より高度な対応を求められていることも事実です。
本ラウンドテーブルでは、企業のIT管理者の立場から、今後のITインフラのあるべき姿を想定し、必要となる施策と実現のための具体的なステップを考えます。

本コースは終了いたしました
開催日時
2013年7月23日 15:00〜18:00 (14:45受付開始)
場所
会場: 株式会社アイ・ティ・アール 本社会議室
(京王新線「初台」駅 徒歩7分、都営大江戸線 「都庁前」駅 徒歩7分)
講師
リサーチ統括ディレクター シニア・アナリスト 生熊 清司
受講金額
無料(*事前登録制)
対象者
ユーザー企業のCIO、情報システム部門/企画・管理部門の皆様
(定員:10名) 申込み多数の場合は、抽選とさせていただきます
お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 ~ 17:30(土日祝は除く)