IT Trend

IT Trend

今日の企業経営がテクノロジの大規模な転換期に直面していることは疑いようがありません。AI、IoT、ビッグデータ、次世代ネットワーク、ロボティクスといったデジタルテクノロジに対する国内企業の投資意欲も確実に上昇しています。ただし、こうしたデジタルテクノロジを活用して成果を生み出すためには、技術的な施策にとどまらず、推進体制やプロセス、さらには行動様式や組織文化の転換も必要となります。本コンファレンスでは、ITRアナリストのリサーチの集大成とIT業界のキーパーソンによるセッションを通じて、国内のITエグゼクティブに対して、これからのデジタル/IT戦略を方向付けるテクノロジトレンドを紹介するとともに、それを企業戦略に活かすための組織や推進体制のあり方を提示します。

開催概要

日程
2019年10月3日(木)
時間
10:00〜18:20(9:30開場)
会場
京王プラザホテル 本館5階コンコードボールルーム(東京・新宿)
主催
株式会社アイ・ティ・アール
協賛
IFSジャパン株式会社、Pivotalジャパン株式会社、SATORI株式会社、UiPath株式会社、サイボウズ株式会社、日鉄ソリューションズ株式会社(50音順)

IFSジャパン株式会社 Pivotalジャパン株式会社 SATORI株式会社

UiPath株式会社 サイボウズ株式会社 日鉄ソリューションズ株式会社


メディアスポンサー
IT Leaders、ITmedia エグゼクティブ、ITmedia ビジネスONLINE、ビジネス+IT、日経 xTECH(50音順)

IT Leaders  ITmedia エグゼクティブ ITmedia ビジネスオンライン

ビジネス+IT 日経XTech
定員
600名
対象者
ユーザー企業の経営者、CIO、経営企画部門・情報システム部門、IT業界の意思決定者の方々
※参加対象に含まれない方々よりお申込みを頂いた場合、また定員を超えるお申込みを頂いた場合は、参加をお断りさせていただく場合がございます。予めご了承ください。
参加費用
特別ご招待IDをお持ちの場合/無料 一般ご参加の場合/15,000円(税別)
申込締切日
2019年9月26日(木)

お申し込みはこちら

プログラム

10:00 – 12:00(120min)
【K-1】基調講演
2020年、そしてその先の未来を読む
~最新テクノロジが変えるビジネスの最新動向~
チーフ・アナリスト
マーク アインシュタイン


デジタルイノベーションの波が、急速に世界を飲み込もうとしている。とりわけIoT、AI、5Gネットワークといった分野では、欧米や中国を中心に実用化の道筋がすでに表れている。本セッションでは、海外を含めた最新テクノロジの活用動向とともに、国内でも萌芽期に差し掛かったデジタル・イノベーションの事例を紹介する。そして、来る2020年とその先の時代を見据え、いま日本企業がとるべきアクションについて提言する。
(※英語セッション・同時通訳あり)


デジタル時代への転換期の今こそ、求められる人材像とマインドセット
取締役/シニア・アナリスト
舘野 真人


テクノロジを生み出し、提供し、さらに利用するのは、いつの時代も「人」である。本格的なデジタル時代に向けた転換期にある今日、それを提供する立場にあるIT部門やITベンダー自身が、日常の意識づけや行動様式、価値観など―すなわちマインドセットを変革することが求められる。本講演では、デジタル時代に向けてIT人材が備えるべきマインドセットのあり方について提言する。
13:30 – 14:20(50min)
【A-2】ITR アナリスト・セッション
テクノロジ転換期におけるソーシング戦略と委託先管理
シニア・アナリスト
中村 孝


企業ITの仕組みが大きく変わりつつあるなか、ユーザー企業とベンダーとの間の契約内容も再考の時期を迎えている。経済産業省のモデル取引・契約書も公表から10年以上が経過し、近々に更新が見込まれているほか、民法改正もテクノロジ転換による要請を受けている。本セッションでは、これからの委託先との関係構築のあるべき姿を考察する。

【B-2】ITR アナリスト・セッション
サブスクリプションビジネスの推進に向けて
取締役/リサーチ統括ディレクター/プリンシパル・アナリスト IoTエキスパート
金谷 敏尊


あらゆる業界においてサブスクリプションモデルが指向され、サービス化の機運が増している。しかし、サブスクリプションモデルには障壁も多く、期待する成果を得るのが容易ではない。本セッションでは、サブスクリプションビジネスの動向を紹介するとともに、課題解決のためのヒントを提示する。
満席
【C-2】ITR アナリスト・セッション
「IT投資動向調査2020」から読み解く国内企業のIT戦略
シニア・アナリスト
三浦 竜樹


IT投資の動向は、企業におけるIT活用のトレンドを見るうえで有効な指標の1つとなる。本セッションでは、ITRが毎年実施しているIT投資動向調査の2020年の速報値を紹介しながら、国内企業が重視するIT戦略、有望視している製品・サービス分野などに加え、デジタルトランスフォーメーション(DX)に対する姿勢、IT部門の決定力などを解説する。
14:30 – 15:15(45min)
【SA-3】特別セッション
デジタル時代に“攻めの”情シス責任者が知っておきたいMA最新事例
SATORI株式会社 代表取締役
植山 浩介 氏


顧客が商品やサービスを購入検討する際に“デジタル”を信頼し優先するようになった昨今。お客様へ対面セールスの機会は減っており、競合他社に勝つためには非対面のセールス活動が必要不可欠といわれています。本セッションでは、攻めの情シス部門に必要なビジネス起点で考えるうえで知っておきたいマーケティングキーワードである「マーケティングオートメーション(MA)」活用により、非対面セールスで成果を出した企業の事例をあげてご紹介します。

【SB-3】特別セッション
人口減少時代のIT部門生存戦略 ~DX、2025年の崖を乗り越える組織とアーキテクチャ~
サイボウズ株式会社 ビジネスマーケティング本部 シニアコンサルタント
広井 邦彦 氏


日本社会の人口減少が本格化する中、IT部門の人材不足と高齢化も深刻化しつつあります。一方で、DXや2025年の崖問題など、既存業務の枠を超えて取り組むべき課題は増加する一方です。この危機を乗り越えるため、企業におけるITの在り方全体を見直す時期に来ています。ティール組織に代表される新しいIT組織の姿、事業部門との協調開発を可能にする分権型アーキテクチャ、RPAの先にある次世代アプリケーション像について、サイボウズから最新の知見をご紹介します。
満席
【SC-3】特別セッション
待ったなし!今企業に必要とされる2つのIT組織
日鉄ソリューションズ株式会社 ソリューション企画・コンサルティングセンター プロフェッショナル
北村 匡史 氏


デジタルトランスフォーメーションが業種を問わず必須のテーマとなり、IT部門は従来手掛けてきたITシステムの開発・運用だけではなく、新たなデジタルイノベーション領域への対応を求められています。限られた人材を最大限に活かし、事業に貢献するIT組織を実現するには、組織の役割を見直し、人材の再配置、再活用を行うことが重要です。本セッションでは、2つのIT組織の特性と人材活用方法、それを実現する組織変革について、お客様事例とともにご紹介します。
15:35 – 16:25 (50min)
【A-4】ITR アナリスト・セッション
IoT/AI時代のデジタルマーケティングの実現に向けて
シニア・アナリスト
三浦 竜樹

リサーチ・フェロー
水野 慎也


デジタルシフトはマーケティングの世界にも及んでおり、企業では関連ツールの導入が拡大している。また、IoT/AIをも活用した高度なデジタルマーケティングを展開して大きな成果をあげている先進企業も現れてきた。本セッションでは、デジタルシフトの成功事例を紹介しつつ、顧客データを中心に据えたデジタルマーケティングの推進に向けてITの専門家であるIT部門が果たすべき役割を論じる。
【B-4】ITR アナリスト・セッション
「2025年の崖」に左右されないエンタープライズシステムのプランニング
プリンシパル・アナリスト
浅利 浩一


人材確保やノウハウ継承の難しさなどから、レガシーシステムの継続性が世界中で危惧されている。2018年度のERP新規売上金額の半分はクラウドサービスが占めるなど、国内市場においても変化が生じている。本セッションでは、従来の常識にとらわれることなく、業務プロセスの理想像を最新の製品・サービスに落とし込むとともに、進展するAIなどの技術を取り入れるためのシステム化のアプローチや体制づくりのポイントを提示する。
満席
【C-4】ITR アナリスト・セッション
未来テクノロジを見分ける力と企業イノベーションへの活用
プリンシパル・アナリスト
甲元 宏明


イノベーションに欠かせない革新的テクノロジ。しかし、革新的テクノロジが現れた際、例えば過去に自動車が登場したとき、その価値を見極められず、将来も馬が輸送手段の主流であると考えた。企業が自社のイノベーションを成功へと導き、未来を生き抜くには、従来の枠にとらわれず将来有望なテクノロジを見定めることが必要である。本講演では、10年後の未来テクノロジを見定めるための秘訣と、企業活用のための考え方を考察する。
16:35 – 17:20(45min)
【SA-5】特別セッション
ビジネスプロセス指向で実現するデジタル・トランスフォーメーション
IFSジャパン株式会社 FSM セールスダイレクター
平田 眞紀 氏


IoTやAIといったデータドリブンのテクノロジーの導入により生産性の向上が期待されています。その一方で、現実は集められたデータの具体的な分析&活用方法において悩まれている企業は多いです。ビジネスプロセスの観点からデータを集め&関連付けすることにより、プロセス改善やサービタイゼーション、サブスクリプションビジネスをいかに実現するか。業務アプリケーションベンダーであるIFS社のアプローチについて紹介します。


【SB-5】特別セッション
シリコンバレー流 デジタルジャーニーの進め方:プロセスとプラットフォームの視点から
Pivotalジャパン株式会社 マーケティングマネージャー
渡辺 隆 氏


シリコンバレーで設立されたPivotalは世界および日本の大手企業のデジタル化や組織変革を支援しています。リーンスタートアップやアジャイルなプロセス、OSSを組み合わせたクラウドプラットフォームにより、新サービスの市場投入を迅速化するだけではなく、運用効率も劇的に改善します。このアプローチは、新サービスの開発にとどまらず、レガシーなアプリのモダナイゼーションにも役立ちます。本セッションでは、シリコンバレー流のデジタルジャーニーの進め方を事例とともに概説します。
【SC-5】特別セッション
「ロボ人財」が再び日本を飛躍させる!RPA導入率が就職先企業選択の指標になる
UiPath株式会社 代表取締役CEO
長谷川 康一 氏


デジタルトランスフォーメーションを進めていくには、現場で業務に精通した社員がデジタル改革の旗手「ロボ人財」となることが急務です。Society5.0に向けてあらゆるものがつながる中、RPAそしてAIを駆使することで業務の自動化の範囲は大きく拡大します。繰り返し事務から解放された社員、「ロボ人財」は、新しいビジネスモデルに発掘にチャレンジして再び日本を飛躍させる原動力となるでしょう。優秀な「ロボ人財」予備軍にとって、企業のRPA化率は会社選択の指標となるでしょう。
17:30 – 18:20 (50min)
【A-6】ITR アナリスト・セッション
AI/機械学習が変えるビッグデータ活用戦略
リサーチ・フェロー
平井 明夫


一部の先進的な企業を除き、ほとんどの企業では人材不足などの理由からビッグデータの活用が進んでいるとは言い難い。しかし、AI/機械学習を採用することでデータサイエンティストの作業効率が向上し、AI/機械学習が組み込まれたBIツールによって一般ユーザーのビッグデータ活用が可能になりつつある。本セッションでは、AI/機械学習がビッグデータ分析に与える影響を整理し、今後のビッグデータ活用戦略がどうあるべきかを考察する。
満席
【B-6】ITR アナリスト・セッション
デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進プロセス
会長/エグゼクティブ・アナリスト
内山 悟志


多くの企業がDXを推進しようとしているが、そもそもなぜDXが求められるのか(Why)、DXを推進することで企業はどこに向かおうとしているのか(Where)の議論が熟さないまま、技術や手法(WhatやHow)にばかり気を取られている例が少なくない。本セッションでは、デジタライゼーションの潮流を正しく理解し、変革に向けて着実に歩を進めるための道程を解説する。

【C-6】ITR アナリスト・セッション
次世代セキュリティを具現化するアーキテクチャとマネジメントのあり方
シニア・アナリスト
藤 俊満


企業システムのクラウドへの移行、働き方改革によるテレワークの実践が拡大し、これまでファイアウォールによって分離されてきた社内ネットワークとインターネットの境界は曖昧になっている。本セッションでは、これからのあるべきセキュリティアーキテクチャとマネジメントのあり方について、注目される「SDP(Software Defined Perimeter)」を紹介しつつ提言する。

お申し込みはこちら

過去の開催実績

開講日
イベント名
テーマ
基調講演/開催報告レポート
2018年10月4日
ポスト2020に向けた企業変革への道標
【IT Trend 2018開催報告】
2017年10月5日
デジタライゼーションに向けた攻めのIT投資戦略
【IT Trend 2017開催報告】
2016年10月12日
デジタルエコシステムが描く未来像
【IT Trend 2016開催報告】
2015年10月6日
デジタルが加速するビジネスの変革と創造
【IT Trend 2015開催報告】
2014年05月14日
IT Trend 2014
デジタルイノベーションによるビジネス価値の創造
企業変革を促進するデジタルイノベーションの潮流
【IT Trend 2014開催報告】
2013年05月15日
IT Trend 2013
変革と創造で攻めに転じるIT戦略への指針
近未来を切り開く攻めのIT戦略
2012年05月10日
IT Trend 2012
経済と技術の巨大なうねりに立ち向かうIT戦略
技術の新潮流をビジネス価値に転換するIT戦略
2011年05月11日
IT Trend 2011
ビジネスの新機軸を支える企業ITの未来像
ビジネス変革に貢献する未来指向のIT戦略とは
2010年05月13日
IT Trend 2010
新たな競争環境下での成長戦略を支える企業ITの指針
ITによるビジネス・イノベーション 〜不況から脱却するIT戦略〜
2009年05月14日
IT Trend 2009
混迷の時代を生き抜くIT戦略の指針
経営の不確実性を克服する戦略遂行と成果の見える化
2008年04月09日
ITトレンド2008
IT投資動向と戦略テーマ
2007年04月26日
ITトレンド2007
2010年を見据えたIT投資の矛先とは

過去の開催実績

開講日
2018年10月4日
イベント名
テーマ
IT Trend 2018
ポスト2020を見据えた持続的成長のシナリオ
基調講演
ポスト2020に向けた企業変革への道標
開催報告へ
開講日
2017年10月5日
イベント名
テーマ
IT Trend 2017
デジタライゼーションが誘発するビジネス革新
基調講演
デジタライゼーションに向けた攻めのIT投資戦略
>開催報告へ
開講日
2016年10月12日
イベント名
テーマ
IT Trend 2016
ビジネスとテクノロジの未来デザイン
基調講演
デジタルエコシステムが描く未来像
>開催報告へ
開講日
2015年10月6日
イベント名
テーマ
IT Trend 2015
2020年を見据えた中長期IT戦略の試金石
基調講演
デジタルが加速するビジネスの変革と創造
>開催報告へ
開講日
2014年05月14日
イベント名
テーマ
IT Trend 2014
デジタルイノベーションによるビジネス価値の創造
基調講演
企業変革を促進するデジタルイノベーションの潮流
>開催報告へ
開講日
2013年05月15日
イベント名
テーマ
IT Trend 2013
変革と創造で攻めに転じるIT戦略への指針
基調講演
近未来を切り開く攻めのIT戦略
開講日
2012年05月10日
イベント名
テーマ
IT Trend 2012
経済と技術の巨大なうねりに立ち向かうIT戦略
基調講演
技術の新潮流をビジネス価値に転換するIT戦略
開講日
2011年05月11日
イベント名
テーマ
IT Trend 2011
ビジネスの新機軸を支える企業ITの未来像
基調講演
ビジネス変革に貢献する未来指向のIT戦略とは
開講日
2010年05月13日
イベント名
テーマ
IT Trend 2010
新たな競争環境下での成長戦略を支える企業ITの指針
基調講演
ITによるビジネス・イノベーション 〜不況から脱却するIT戦略〜
開講日
2009年05月14日
イベント名
テーマ
IT Trend 2009
混迷の時代を生き抜くIT戦略の指針
基調講演
経営の不確実性を克服する戦略遂行と成果の見える化
開講日
2008年04月09日
イベント名
テーマ
ITトレンド2008
基調講演
IT投資動向と戦略テーマ
開講日
2007年04月26日
イベント名
テーマ
ITトレンド2007
基調講演
2010年を見据えたIT投資の矛先とは
お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 〜 17:30(土日祝は除く)