IT Trend

IT Trend
本イベントは終了致しました。多数のご来場誠にありがとうございました(開催報告は「IT Trend 2018開催報告」をご覧ください)。
来場者の方は、「マイページ」から講演資料がダウンロードできます。
※SPS戦略パートナーシップ会員企業の皆様はライブラリから講演資料をダウンロードいただけます。

持続的な成長をもたらす社会と、それに貢献する企業戦略への関心が世界的に高まっています。国内企業においては、2020年の節目を越えた後の経済状況と社会情勢を鑑みた新時代のデジタル/ITの戦略シナリオを備えることが不可欠です。ITRが開催するIT Trend 2018では「ポスト2020を見据えた持続的成長のシナリオ」をテーマに掲げ、ITRアナリストのリサーチの集大成とIT業界のキーパーソンによるセッションを通じて、国内のITエグゼクティブに対して、一歩先を見据えたデジタル/IT戦略のあり方を提言します。

開催概要

日程
2018年10月4日(木)
時間
10:00〜18:20(9:30開場)
会場
京王プラザホテル 本館5階コンコードボールルーム(東京・新宿)
主催
株式会社アイ・ティ・アール
協賛
Pivotalジャパン株式会社、アステリア株式会社(旧インフォテリア株式会社)、株式会社インテック、サイバーリーズン・ジャパン株式会社、サイボウズ株式会社、富士通株式会社(50音順)

Pivotalジャパン株式会社 アステリア株式会社(旧インフォテリア株式会社) 株式会社インテック

サイバーリーズン・ジャパン株式会社 サイボウズ株式会社 富士通株式会社
メディアスポンサー
Diamond Online、IT Leaders、ITmedia エグゼクティブ、ITmedia ビジネスONLINE、ビジネス+IT、日経 xTECH(50音順)

ダイヤモンド・オンライン IT Leaders ITmedia エグゼクティブ

ITmedia ビジネスオンライン ビジネス+IT 日経XTech
定員
600名
対象者
ユーザー企業の経営者、CIO、経営企画部門・情報システム部門、IT業界の意思決定者の方々
※参加対象に含まれない方々よりお申込みを頂いた場合、また定員を超えるお申込みを頂いた場合は、参加をお断りさせていただく場合がございます。予めご了承ください。
参加費用
特別ご招待IDをお持ちの場合/無料 一般ご参加の場合/15,000円(税別)
申込締切日
2018年9月27日(木)

プログラム

10:00 – 10:30(30min)
講演資料ダウンロード
(会員限定)
【K-1】開会挨拶/基調講演
ポスト2020に向けた企業変革への道標
代表取締役/プリンシパル・アナリスト 内山 悟志

あらゆる業界にデジタライゼーションの波が押し寄せる中、企業はさまざまな変革を推進しようとしている。しかし、従来の業務プロセス改革と異なり、文化・風土、組織、制度、権限、人材など企業の根幹にかかわる多岐にわたる変革が求めらる。本セッションでは、2020年以降に予想されるビジネス環境、IT業界、テクノロジなどの変化に向けて企業に求められる環境整備と変革のアプローチについて提言する。
10:30 – 12:20(110min)
【資料公開はございません】
【K-2】特別講演
持続的成長に貢献するイノベーションのあるべき姿とは
【パネリスト】
株式会社ふくおかファイナンシャルグループ デジタル戦略部 部長 兼 株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズ 常務取締役 河崎 幸徳 氏
株式会社デンソー MaaS開発部長 兼 デジタルイノベーション室長 成迫 剛志 氏
花王株式会社 情報システム部門ビジネスシステム部MK・RDグループ 部長 浜田 文吾 氏
株式会社アイ・ティ・アール 取締役/リサーチ統括ディレクター/プリンシパル・アナリスト 金谷 敏尊
【モデレータ】
株式会社アイ・ティ・アール 取締役/シニア・アナリスト 舘野 真人


将来に向けた持続的成長を実現すべく、企業には今、継続的にイノベーションを創出するための組織・環境・プロセスの整備が求められている。とりわけ日本では、ヒト・モノ・カネが集中している大企業の役割はきわめて重要である。本セッションでは、日本企業にあってイノベーションの創出に挑むITリーダーの方々をお招きし、変革へ向けた現在の取り組み状況や課題、それを支えるべきIT組織の役割などについて討議する。
13:30 – 14:20(50min)
講演資料ダウンロード
(会員限定)
【A-3】ITR アナリスト・セッション
海外で台頭するSalesTechの実像
シニア・アナリスト 三浦 竜樹

SFAの導入・活用により、営業活動の見える化や進捗管理を実現している企業が増えている。しかし、営業力そのものの強化が実現できている企業は少ない。こうしたなか、テクノロジを活用し営業力を強化する「SalesTech」が海外で台頭し、国内でも注目が高まってきている。本セッションでは、広範にわたるSalesTechの適用領域と、日本企業における適用可能性について述べる。




講演資料ダウンロード
(会員限定)
【B-3】ITR アナリスト・セッション
スマートテクノロジ革新へ向けて
取締役/リサーチ統括ディレクター/プリンシパル・アナリスト 金谷 敏尊

IoTをはじめ、AI、ロボティクス、AR/VRなど、スマートテクノロジというべき革新的技術を駆使した近未来のビジネスが数多く台頭している。これらのビジネス機会は従来型のビジネスモデルや市場構図を一新させる可能性を秘めているが、市場は未成熟であり、イノベーション推進の壁も厚い。本セッションでは、成長著しい国内IoT市場の現状を紹介するとともに、企業がスマートテクノロジにどう対峙し、いかにイノベーションを進めるべきか、そのアプローチについて論じる。
講演資料ダウンロード
(会員限定)
【C-3】ITR アナリスト・セッション
データ分析の人材不足を解消する処方箋
アソシエート・リサーチ・フェロー 平井 明夫

一部の先進的な企業においてビッグデータ活用によるビジネス上の効果が実証されつつある一方で、大半の企業ではデータ分析に向けた人材確保が問題となっている。しかし、人材不足は全般的で長期的なトレンドであり、人事的な努力だけで解決することは難しい。本セッションでは、データ分析人材に求められるスキルを整理したうえで、テクノロジの利用や組織体制の効率化によって、いかにして最少の人員でデータ分析業務を運用するかを考察する。
14:30 – 15:15(45min)
講演資料ダウンロード
(会員限定)
【SA-4】特別セッション
セールステックの注目分野、商談現場の属人化を解消するセールスイネーブルメントとは?
アステリア株式会社(旧インフォテリア株式会社) ネットサービス本部 副本部長 黒栁 開太郎 氏

AIやRPAなどをはじめさまざまな業務がテクノロジーで進化を遂げている中、営業の商談現場はいまだ営業自らの主観に頼った報告と行動履歴の管理が中心で、商談現場の属人化は未だ解決されていません。海外で注目されているセールステックの最重要分野である「セールスイネーブルメント」という新たなキーワードをテーマに、商談現場の属人化を無くし営業組織全体の底上げを行う方法を日本企業での実事例とともにお伝えします。



講演資料ダウンロード
(会員限定)
【SB-4】特別セッション
次世代のワークスタイル「Future of Work」の実現に向けたデジタルテクノロジーの活用
富士通株式会社 デジタルフロント事業本部 フューチャーオブワーク推進室長 樋口 陽平 氏

働き方改革が盛んに行われていますが、次世代のワークスタイル「Future of Work」実現のためには、働く環境の整備に加えて、高い生産性とビジネス価値を生み出す「業務自体の変革」にも取り組むことが必要不可欠です。本セッションでは、RPAやAIなど先進技術のインテグレーションによる、人の能力を超えた生産性や品質と、RPA単独技術の限界を超えた価値創出を実現するデジタルテクノロジーの活用法や当社の取り組みについて、具体的な実践例を交えながらご紹介します。
講演資料ダウンロード
(会員限定)
【SC-4】特別セッション
デジタルトランスフォーメーション推進における企業IT基盤と役割の再編
サイボウズ株式会社 ビジネスマーケティング本部 シニアコンサルタント 広井 邦彦 氏

DXが加速する中、IT部門は「新規ビジネスの開拓」と「既存業務の効率化」という、攻守両面への対応を迫られています。限られた人的リソースを駆使してDXを推進すべく、3年先を見据えたアーキテクチャ再編の戦略が必要です。「基幹のデジタル化」「ユーザー部門への権限移譲」「デジタルワークプレースとの統合」「作らない事業開発」など、非中央集権志向パラダイムに基づくIT基盤と役割の再構築について提言します。
15:35 – 16:25 (50min)
講演資料ダウンロード
(会員限定)
【A-5】ITR アナリスト・セッション
IT契約多様化の動向と企業がとるべきアプローチ
アナリスト 中田 陽子

ITRでは、ITベンダーと顧客企業間の契約は、プロジェクトの目的や成果物の特性によって多様化すると予測している。特に、大型開発案件や共創によるデジタルビジネスの創出における契約形態については、多くの企業で課題となるだろう。本セッションでは、最新のITRの調査結果に基づき、IT契約の動向を紹介するとともに、企業がとるべきアプローチについて論じる。




講演資料ダウンロード
(会員限定)
【B-5】ITR アナリスト・セッション
デジタルワークフォース活用のビジョンと戦略
取締役/シニア・アナリスト 舘野 真人

AI、RPAといった人の作業を一部代替するテクノロジが台頭する一方で、人が担う仕事もまた、デジタル・チャネルを介して提供されるようになっている。企業は、2020年以後のデジタル労働力(デジタルワークフォース)の本格的な活用に向けて、ビジョンと戦略を手にすることが求められる。




講演資料ダウンロード
(会員限定)
【C-5】ITR アナリスト・セッション
ITセキュリティ要員不足にいかに立ち向かうか
アソシエート・リサーチ・フェロー 藤 俊満

これまで企業は社内にセキュリティ組織(または担当)を設置し、ネットワークからサーバ、PC、スマートフォンまで広範にわたるセキュリティ対策を実施・運用してきた。しかし、日々複雑化し巧妙化するサイバー攻撃に対応して、セキュリティ関連機器に継続的に投資し、高度なスキルを要するセキュリティ要員を育成することが限界に近づいてきている。本セッションでは、ITセキュリティ機能のアウトソーシング化の流れと注意すべきポイントを解説する。
16:35 – 17:20(45min)
講演資料ダウンロード
(会員限定)
【SA-6】特別セッション
PoCで終わらない! 先端技術の有効活用のノウハウとは ~適用事例を通じての経験から~
株式会社インテック 常務執行役員 先端技術研究所長 兼 INTEC Innovative Technologies USA, Inc. CEO 荒野 高志 氏

先端技術(AI、IoT、RPA、ブロックチェーンなど)を使いこなし、企業の事業や業務を劇的に効率化し、価値向上することは、企業の重要な優先課題といえる時代となってきました。本講演ではここ数年積み上げてきましたお客様企業の支援事例から導き出した、失敗しない先端技術の活用ノウハウをご紹介します。アウトカム設定の重要性、技術の目利きやベンチャー技術活用の考え方、安定運用と継続的改良の両立など、お客様企業と一体になって取り組んだ実践的な内容となります。
講演資料ダウンロード
(会員限定)
【SB-6】特別セッション
シリコンバレー企業にみるデジタル時代の働き方 – ツール、プロセス、そして文化
Pivotalジャパン株式会社 マーケティングマネージャー 渡辺 隆 氏

ポスト2020が目前に迫っている今日、デジタル化の波は確実に押し寄せています。答えを導き出すのが難しい今日の市場において、顧客に喜ばれるサービスを早く創るにはどうすればよいのでしょう。Pivotalはリーンスタートアップに基づく手法とサービスを迅速に実行するプラットフォーム、そして組織文化を世界のエンタープライズのお客様に提供しています。シリコンバレーで生まれたPivotalの働き方が皆様のヒントになれば幸いです。



【資料公開はございません】
【SC-6】特別セッション
攻撃者優位のサイバー戦場で立場を逆転 〜最新の攻撃手法に対する実戦向きセキュリティ〜
サイバーリーズン・ジャパン株式会社 執行役員副社長 渡部 洋史 氏

国家級のサイバー兵器が誰でも気軽に使えてしまう現在、各ガイドラインでも求められている通り、侵入後、ダメージを受ける前にいかに早く攻撃を断ち切るかが、被害を最小化させる真の対策となります。 本講演では、ある攻撃チームの戦略を例にとりあげ、まずは敵を知ること、そして最新の攻撃にどう対応できるのかをデモを交えて、日本特有のIT環境でも実戦的に使えるソリューション「Cybereason EDR」をご紹介します。



17:30 – 18:20 (50min)
講演資料ダウンロード
(会員限定)
【A-7】ITR アナリスト・セッション
デジタライゼーション推進のための次世代企業ネットワークとは
プリンシパル・アナリスト 甲元 宏明

これまで多くの企業は、豊富にあるネットワークサービスを組み合わせ、コスト最適化のためのネットワークを構築してきた。これからは、デジタライゼーションを進めるために、IoTなどのデバイス/センサーやクラウドをグローバル規模で俊敏かつ柔軟に接続/制御するネットワークが不可欠となる。本セッションでは、先進テクノロジの活用を視野に入れ、デジタライゼーション推進のための次世代ネットワークの構築指針を解説する。

講演資料ダウンロード
(会員限定)
【B-7】ITR アナリスト・セッション
日本とグローバルでのIoTの展望
チーフ・アナリスト マーク アインシュタイン

2018年は多くのIoTプロジェクトが理論フェーズから商業実行フェーズに移行し、IoT市場は国内外で活況を呈している。特に日本では医療、製造、輸送などの伝統的分野だけでなく、スマートアイランド、スマート空港、スマート化粧品などの新分野でもIoTの動きが盛り上がっている。本セッションでは、高成長が続く日本とグローバルでのIoT市場動向の現在と将来について解説する。
(※英語のセッションとなります。日本語同時通訳をご用意いたします)
講演資料ダウンロード
(会員限定)
【C-7】ITR アナリスト・セッション
未来仮説による基幹系システムの将来像
プリンシパル・アナリスト 浅利 浩一

多くの企業は、ポスト2020を想定したマイルストンで、基幹系システム刷新の方向性を検討し始めている。あらゆる業務でデジタライゼーションが進展していくなか、そのインパクトをどう切り分け、どう活用していくのか、そのうえで、どのようなシステム構想を描いていくかが、今後10年を左右する大きな分かれ目となるだろう。基幹システムの未来仮説に基づく将来像を具体化しつつ、企業が進むべき道程や選ぶべき選択肢を明らかにする。


過去の開催実績

開講日
イベント名
テーマ
基調講演/開催報告レポート
2017年10月5日
デジタライゼーションに向けた攻めのIT投資戦略
【IT Trend 2017開催報告】
2016年10月12日
デジタルエコシステムが描く未来像
【IT Trend 2016開催報告】
2015年10月6日
デジタルが加速するビジネスの変革と創造
【IT Trend 2015開催報告】
2014年05月14日
IT Trend 2014
デジタルイノベーションによるビジネス価値の創造
企業変革を促進するデジタルイノベーションの潮流
【IT Trend 2014開催報告】
2013年05月15日
IT Trend 2013
変革と創造で攻めに転じるIT戦略への指針
近未来を切り開く攻めのIT戦略
2012年05月10日
IT Trend 2012
経済と技術の巨大なうねりに立ち向かうIT戦略
技術の新潮流をビジネス価値に転換するIT戦略
2011年05月11日
IT Trend 2011
ビジネスの新機軸を支える企業ITの未来像
ビジネス変革に貢献する未来指向のIT戦略とは
2010年05月13日
IT Trend 2010
新たな競争環境下での成長戦略を支える企業ITの指針
ITによるビジネス・イノベーション 〜不況から脱却するIT戦略〜
2009年05月14日
IT Trend 2009
混迷の時代を生き抜くIT戦略の指針
経営の不確実性を克服する戦略遂行と成果の見える化
2008年04月09日
ITトレンド2008
IT投資動向と戦略テーマ
2007年04月26日
ITトレンド2007
2010年を見据えたIT投資の矛先とは

過去の開催実績

開講日
2017年10月5日
イベント名
テーマ
IT Trend 2017
デジタライゼーションが誘発するビジネス革新
基調講演
デジタライゼーションに向けた攻めのIT投資戦略
>開催報告へ
開講日
2016年10月12日
イベント名
テーマ
IT Trend 2016
ビジネスとテクノロジの未来デザイン
基調講演
デジタルエコシステムが描く未来像
>開催報告へ
開講日
2015年10月6日
イベント名
テーマ
IT Trend 2015
2020年を見据えた中長期IT戦略の試金石
基調講演
デジタルが加速するビジネスの変革と創造
>開催報告へ
開講日
2014年05月14日
イベント名
テーマ
IT Trend 2014
デジタルイノベーションによるビジネス価値の創造
基調講演
企業変革を促進するデジタルイノベーションの潮流
>開催報告へ
開講日
2013年05月15日
イベント名
テーマ
IT Trend 2013
変革と創造で攻めに転じるIT戦略への指針
基調講演
近未来を切り開く攻めのIT戦略
開講日
2012年05月10日
イベント名
テーマ
IT Trend 2012
経済と技術の巨大なうねりに立ち向かうIT戦略
基調講演
技術の新潮流をビジネス価値に転換するIT戦略
開講日
2011年05月11日
イベント名
テーマ
IT Trend 2011
ビジネスの新機軸を支える企業ITの未来像
基調講演
ビジネス変革に貢献する未来指向のIT戦略とは
開講日
2010年05月13日
イベント名
テーマ
IT Trend 2010
新たな競争環境下での成長戦略を支える企業ITの指針
基調講演
ITによるビジネス・イノベーション 〜不況から脱却するIT戦略〜
開講日
2009年05月14日
イベント名
テーマ
IT Trend 2009
混迷の時代を生き抜くIT戦略の指針
基調講演
経営の不確実性を克服する戦略遂行と成果の見える化
開講日
2008年04月09日
イベント名
テーマ
ITトレンド2008
基調講演
IT投資動向と戦略テーマ
開講日
2007年04月26日
イベント名
テーマ
ITトレンド2007
基調講演
2010年を見据えたIT投資の矛先とは
お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 〜 17:30(土日祝は除く)