2021年度のデータ分析/レポーティング市場は前年度比9.5%増を予測
2024年度にSaaS市場の売上金額がパッケージ市場を上回る見込み
ITRがデータ分析/レポーティング市場規模推移および予測を発表

2022年1月25日
株式会社アイ・ティ・アール

独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:三浦 元裕、以下「ITR」)は、国内のデータ分析/レポーティング市場規模推移および予測を発表します。

  • データ分析/レポーティング市場の2020年度の売上金額は237億円、前年度比6.8%増となりました。高い成長を維持するベンダーが多く見られる一方、マイナス成長のベンダーも散見され、ベンダーにより好不調が混在する状況となっています。2021年度は多くのベンダーで新規案件の獲得が順調に進んでいることから、同9.5%増を予測しています。ある程度導入が進んだ市場ですが、企業内のデータは増加と多様化の一途をたどっており、それらデータの分析ニーズが着実に高まっていることから、今後も市場は安定した成長が予想されます。

    本市場をパッケージとSaaSの提供形態別に分類して見ると、SaaS市場の2020年度の売上金額は73億円とパッケージ市場に比べて市場規模はまだ小さいものの、前年度比で30.4%増を示し、ここ数年急速な成長率を維持しています。データのクラウド上への移行が進んでおり、データ分析/レポーティングの処理についても、SaaSを利用する企業が増えつつあることが背景にあります。2021年度以降も、パッケージ市場のCAGR(2020~2025年度)が1.9%とほぼ横ばいにとどまるのに対し、SaaS市場は同28.9%と高く、2024年度にはSaaS市場の売上金額がパッケージ市場を上回ると予想しています。

    図.データ分析/レポーティング市場規模推移および予測:提供形態別(2019~2025年度予測) 図.データ分析/レポーティング市場規模推移および予測:提供形態別(2019~2025年度予測)

    ITRのリサーチ・フェローである平井 明夫は、「データ分析/レポーティング・ツールの主な接続先であるDWH(データウェアハウス)用DBMS市場では、2020年度のSaaS市場のシェアが9割を超えており、市場の大半を占めていることからデータ分析/レポーティング市場においてもSaaS市場の比率が急速に増大すると考えられます」とコメントしています。

  • 調査概要

    今回の発表は、ITRが発行する市場調査レポート『ITR Market View:DBMS/BI市場2022』に詳細を掲載しています。同レポートには、RDBMS、データ分析/レポーティング、DWH用DBMS、データ・マネジメント、レプリケーション市場の全5分野を対象に国内全39ベンダーへの調査に基づいた2019~2020年度売上げ実績および2025年度までの売上げ予測を掲載しています。


    本調査結果の概要(掲載データ)

  • 関連レポート

    ITR Market View:DBMS/BI市場2022

お電話からの
お問い合わせ
03-6258-5831平日10:00 〜 18:00(土日祝は除く)