IRM(Information Rights Management)市場は2013年度に前年度比23.6%増と高成長、2018年度までの年平均成長率は15.1%を予測ITRがエンドポイント・マルウェア対策やデータ保護分野のセキュリティ市場を調査
― 「ITR Market View:エンドポイント・セキュリティ市場2014」を発行・販売開始 ―

2014年7月9日
株式会社アイ・ティ・アール

株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、エンドポイント・マルウェア対策、ディスク暗号化、DLP(Data Loss Prevention)、IRM(Information Rights Management)など全8分野を対象に、国内28ベンダーへの調査に基づく市場動向と分析をまとめた市場調査レポート「ITR Market View:エンドポイント・セキュリティ市場2014」を本日発刊しました。本レポートの主なトピックは以下の通りです。

  • エンドポイント・マルウェア対策:2013年度もモバイル向けと仮想環境向けのマルウェア対策、アプリケーション制御が高成長を維持
  • ディスク暗号化:2013年度ウインマジックの躍進で市場は21.2%の大幅増、2014年度も高成長を維持する見込み
  • DLP:2013年度はシマンテックの大幅な売上減で市場は18.6%減と大幅な縮小
  • IRM:大口案件の増加で、2013年度の市場は23.6%増と大幅に拡大
  • 2013年度のIRM市場は前年度比23.6%増と大幅に拡大、2014年度も21.4%増の高い伸びを予測

    IRM製品は、機密性の高いデジタル・コンテンツを保護するための技術として数年前から注目を集めおり、大手製造業中心に導入が進んできました。2013年度は、金融業や公共部門での新規導入が進んだことにより、同市場の2013年度の売上金額は17億3,000万円、前年度比23.6%増の大幅な伸びとなりました。グローバル化を指向する製造業において、CADファイルの保護などで注目度が高まっていることから、2014年度も引き続き同21.4%増の大きな伸びを見込んでいます。

    同市場のプレイヤーとしては、Microsoft Officeとシームレスに利用できる点が強みのマイクロソフトと、大手製造業で豊富な導入実績を誇る日立ソリューションズが激しいシェア争いを展開しており、市場の伸びを牽引しています。2013年度から2018年度までの年平均成長率(CAGR)は15.1%と、高い伸びを予測しています。


    図.IRM市場規模推移および予測 IRM市場規模推移および予測
  • ITR Market View:エンドポイント・セキュリティ市場2014」のレポート概要

    発行日:2014年7月9日
    体 裁:CD-ROM版(PDF/249ページ)
    発 行:株式会社アイ・ティ・アール
    価 格:165,000円(税別)

    【対象分野】

    • エンドポイント・マルウェア対策市場
      • エンドポイント・マルウェア対策パッケージ/対象ベンダー数11社
      • SaaS型エンドポイント・マルウェア対策/8社
      • モバイル向けエンドポイント・マルウェア対策/6社
      • 仮想環境向けエンドポイント・マルウェア対策/4社
      • アプリケーション制御/4社
    • データ保護市場
      • ディスク暗号化/7社
      • DLP/9社
      • IRM/9社

    【掲載データ】

    • 市場規模実績(2012〜2013年度)および予測(2014〜2018年度)
    • マーケットシェア(2012〜2014年度予測):ベンダー別、業種別、ユーザー企業売上規模別
    • 市場分析
    • ベンダー各社(28社)のプロファイル:
      【調査項目】製品別売上高/製品別売上比率(チャネル別、業種別、ユーザー企業売上規模別)/戦略/初期導入時の平均モデル/主要パートナー/主要ユーザー企業/人員構成 など、詳細データ

    詳細な目次は「ITR Market View:エンドポイント・セキュリティ市場2014」に掲載

お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 ~ 17:30(土日祝は除く)