2009年度のLMS市場は微増も、2010年度は25.3%増と大きな伸びへ
人事管理、就業管理、LSP、LMSの国内市場を調査
— 「ITR Market View:人事・就業管理市場2011」を発行・販売開始 —

2011年3月29日
株式会社アイ・ティ・アール

株式会社アイ・ティ・アール(本社:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、国内の人事管理、就業管理、LSP(Labor Scheduling Program:就労者スケジューリング・プログラム)およびLMS(Learning Management System:学習管理システム)製品の国内48社のソフトウェア・ベンダーの製品の調査を行い、国内市場規模および動向を「ITR Market View:人事・就業管理市場2011」としてまとめ発行いたしました。本日、LMS市場の市場規模推移およびベンダーシェアを発表します。

  • 2009年度のLMS市場は3.7%の微増、2010年度は25.3%増の大きな伸びへ

    国内LMS市場の2009年度の出荷金額は22億5,000万円、前年比3.7%の微増にとどまりました。景気低迷の影響で、LMSへの投資が縮小されたことが背景にあります。2010年度は景気が回復基調にあることから、同25.3%増と大幅な伸びとなると見込んでいます。 2009年度のLMS場のベンダーシェアを見ると、早くからLMSビジネスを手掛け導入実績豊富な富士通がトップを堅持し、次いでシステム・テクノロージー・アイ、サムトータル・システムズと続いており、いずれのベンダーもパッケージ製品の低迷をSaaSでの売上げにより相殺しています。


    国内LMS市場ベンダーシェア(2009年度・出荷金額ベース)

    ITRのアナリストである西山竜介は、「2010年度以降、LMS市場における大きな流れとなるのは、SaaSによる提供のさらなる増加です。LMSは他の業務システムとの独立性が比較的高いため、SaaSとの相性がよい分野といえます。さらにコンテンツが充実し選択肢の幅が広がれば、中堅・大企業が導入していたLMSを中小企業も利用できるレベルになり、市場のパイが拡大することも期待されます」とコメントしています。

  • 「ITR Market View:人事・就業管理市場2011」のレポート概要

          発行日:2011年3月29日
          体裁    :レポート版(A4判・バインダー装丁)/380ページ、
                       またはCD-ROM版(全編PDFファイル形式で提供)
          発行    :株式会社アイ・ティ・アール
          価格    :レポート版 17万3,250円(税込)、CD-ROM版 34万6,500円(税込)

    • 対象分野:
      • 人事管理市場
      • 就業管理市場
      • LSP市場
      • LMS市場
    • 掲載データ:
      • 市場規模実績(2008~2009年度)および予測(2010~2014年度)
      • マーケットシェア(2008~2010年度予測):ベンダー別、提供形態別、業種別、従業員規模別
      • 市場分析
      • 当該ソフトウェア・ベンダー48社のベンダー・プロファイル
        • 製品別売上高/製品別売上比率(チャネル別、業種別、OS別、企業従業員規模別、DBMS別)/ 戦略/初期導入時の平均モデル/主要ユーザー企業/人員構成 など詳細データ
    • 詳細な目次は「ITR Market View:人事・就業管理市場2011」に掲載
お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 ~ 17:30(土日祝は除く)