2009年度の国内メール誤送信防止市場は前年比20.7%増、2010年度はさらに拡大へ
— 「ITR Market View:メッセージング・セキュリティ市場2010」を発行・販売開始 —

2010年6月23日
株式会社アイ・ティ・アール

株式会社アイ・ティ・アール(本社:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、メール・フィルタリング、アンチスパム、メール・アーカイブ、メール誤送信防止の4分野、および複数の機能を備えるメッセージ総合セキュリティ製品を加えた、5つの市場を対象に国内41社のベンダー製品の調査を行い、調査結果を市場調査レポ−ト『ITR Market View:メッセージング・セキュリティ市場2010』として発刊いたしました。本日、本調査結果のなかから、メール誤送信防止市場の調査結果を発表します。

  • 国内メール誤送信防止市場の2009年度の出荷金額は前年比20.7%増と大きく成長

    国内メール誤送信防止市場の2009年度の出荷金額は3億5,000万円と市場規模自体はまだ小さいものの、前年比20.7%増と大きな伸びを示しています。同市場への注目度は高まっており、2010年度は同約49%増とさらに大きく拡大すると予測しています。 2009年度は同市場の草分け的存在であるNTTソフトウェアの「CipherCraft/Mail」が5割近いシェアを占め、他を大きく離しトップに位置しています。2009年度よりポピュラーソフトや富士通ソーシアルサイエンスラボラトリなど、参入ベンダーが増えており、2010年度以降シェア争いは激化しつつあります。


    図. 国内メール誤送信防止市場ベンダーシェア(2009年度・出荷金額ベース) 図. 国内メール誤送信防止市場ベンダーシェア(2009年度・出荷金額ベース)

    ITRのシニア・アナリストである甲元宏明は、「メールの誤送信はいつでも発生しうる問題であり、メールアドレスを一字打ち間違えただけで全く異なる企業や組織に電子メールが届く可能性もあり、この問題は長らく電子メールのセキュリティ上の課題とされてきました。その解決に向けて登場したメール誤送信防止製品は、まだ認知度が低いものの、今後、市場の拡大が期待される分野でありますが、これらの製品も、Google Gmailのようなセキュリティ機能を包含したクラウド・ベースの電子メール・サービスと常に比較されていくことになるでしょう」とコメントしています。

  • 「ITR Market View:メッセージング・セキュリティ市場2010」のレポート概要
    発行日 2010年6月23日
    体裁 レポート版(A4判・バインダー装丁)/約220ページ、
    またはCD-ROM版(全編PDFファイル形式で提供)
    発行 株式会社アイ・ティ・アール
    価格 レポート版 14万7,000円(税込)、CD-ROM版 29万4,000円(税込)

    対象分野:
        メール総合セキュリティ市場(パッケージ、アプライアンス、ASP/SaaS)
        メール・フィルタリング市場
        アンチスパム市場
        メール・アーカイブ市場
        メール誤送信防止市場
    掲載データ:
        市場規模実績(2008~2009年度)および予測(2010~2014年度)
        マーケットシェア(2008~2010年度予測):ベンダー別、製品分野別、提供形態別、業種別
        市場分析
        当該ソフトウェア・ベンダー41社のベンダー・プロファイル:
        【調査項目】製品別売上高/製品別売上比率(チャネル別、業種別、OS別、企業売上規模別)/戦略/初期導入時の平均モデル/人員構成/主要ユーザー企業  など

お電話からの
お問い合わせ
03-5304-1301平日9:30 ~ 17:30(土日祝は除く)