ITR著作物の引用ポリシー

【2021年8月2日改定】

著作権について

「ITR」の名称、ロゴ、ITRの各種発行物、およびITRのサイト(https://www.itr.co.jp/)で提供するあらゆるコンテンツは、ITRおよび情報提供者が著作権を含めた一切の権利を所有し、著作権により保護されます。ITRは、誤った情報の配布による悪影響を防止し、信頼性の高い情報の提供を維持するために、著作物の利用に関してガイドラインを設けています。ITRの著作物を引用する場合は、ガイドラインに沿って事前に申請を行い、内容の確認と使用許諾を得る必要があります。

引用利用に関する分類

社外利用

企業がITRのコンテンツを社外に向けて引用利用する場合は、本ポリシーの2-1の場合を除き、事前に当社へ申請をし、内容の確認と利用許諾を得ることが必要となります。

【用途例】自社Webサイト、プレスリリース/ニュースリリース、パンフレット/販促資料、メールマガジン、講演資料、各種広告、展示会の装飾、企業ブログ/SNS(ソーシャルネットワークサービス)、株主総会資料など

社内利用

市場調査レポートのご購入企業、およびITRアドバイザリー・サービスやコンサルティング・サービスの契約企業が、その契約により提供されたコンテンツを社内で引用利用する場合は、引用申請は必要ありません。ただし、引用先資料に、出典としてITRの社名および引用元のレポート名称を明記し(本ポリシーの4を参照)、かつ「社内使用に限る」と記載する必要があります。

ITRのWebサイトで一般公開している(ID/パスワードなしで閲覧可能)コンテンツ

ITRのWebサイト上に一般公開している(ID/パスワードなしで閲覧可能)コンテンツを社外に向けて引用利用する場合は、引用申請は必要ありません。ただし、引用先資料に、出典としてITRの社名および引用元のレポート名称を明記する必要があります(本ポリシーの4を参照)。

1.引用申請の方法

1-1 申請方法

【申請窓口】 i.contact@itr.co.jp 宛てに、下記の①「ITR引用申請書」および②「引用先資料」をメール添付にてお送りください。


①「ITR引用申請書」

下記の「ITR引用申請書」(Excelファイル)をダウンロードし、必要事項をご記入ください。

A)『ITR Market View』 『国内IT投資動向調査報告書』用の引用申請書

https://www.itr.co.jp/wp-content/uploads/2021/06/itr_application_form_A.xlsx

B)上記以外のコンテンツ用の引用申請書

https://www.itr.co.jp/wp-content/uploads/2021/06/itr_application_form_B.xlsx

  • 引用申請書はご記入欄のコピーが有効な状態で保存し、送付ください。
  • AおよびBの両方のコンテンツから引用する場合は、AとBの申請書に分けてご記入ください。

②お客様が作成された「引用先資料」(Microsoft Officeドキュメント、PDF、jpg、PNGなど)

引用先資料に必要な出典を明記して(本ポリシーの4を参照)、お送りください。

  • 確認漏れを防ぐために、全ての引用箇所に目立つように何らかの印をつけてください。
  • ドラフトでも結構です。ただし、許諾後の引用箇所の修正は認められません。

1-2 回答までの所要日数

申請書受領日から2営業日以内に返信いたします。

即日の回答には応じかねますので、予めご了承ください。

  • ­­引用許諾の可否、または引用先資料の内容の修正依頼のご連絡は、メールにてお送りします。
  • 引用先資料が複数ある場合は、さらにお時間をいただく場合がございます。
  • 【修正依頼】の場合は、改めて修正版を提出いただき、原則、さらに2営業日以内に返信いたします。余裕をもった申請をお願いいたします。
  • 【引用不可】の場合は、利用いただくことはできません。本ポリシーに準じた判断となり、さらに詳細な理由についてのご質問にはお答えいたしかねます。
  • 引用点数が膨大である場合、または引用申請が極めて高頻度で行われる場合、有償での対応とさせていただく可能性がございます。別途、担当営業までお問い合わせください。

1-3 許諾済みコンテンツの再引用

すでに引用を許諾済みの引用先資料を、新たに他の資料に引用する場合は、「同一デザインおよび同一テキスト」であれば、都度の引用申請なく、複数の資料において利用することが可能です(文字のサイズや色の変更は同一と見なします)。ただし、利用期間は先の申請時に許諾した期間に限定されます。

1-4 他言語での引用

日本語以外の言語での引用を希望される場合は、引用先資料は日本語で用意いただき申請ください。また、引用申請書に、日本語資料の許諾を取得後にお客様の責任の下、他言語に翻訳して利用する旨、ご記入ください。ITRでは他言語で作成された資料の内容確認と許諾可否の判断はいたしません。

1-5 関係企業での引用

引用はご購入/契約企業のみに限定されます。ご購入/契約企業の親会社・グループ会社・販売代理店などが引用先資料を利用する場合は、ご利用主体の企業による別途ご購入/契約および引用申請手続きが必要となります。

1-6 広告代理店、メディアによる申請

広告代理店やメディアが、ご購入/契約企業の代行として引用申請の手続きをすることはできません。ご購入/契約企業自身が直接ITRへ申請ください。ただし、ご購入/契約企業からITRに対して、引用申請業務を広告代理店やメディアなどに委任する旨、事前連絡をいただければその限りではありません。

2.引用可能なコンテンツと利用期間

2-1 ITRのWebサイト上で一般公開しているコンテンツ(ID/パスワードなしで閲覧可能なコンテンツ)

以下のコンテンツからの引用については、出典を記載いただくことを条件に、ご購入/契約や引用申請手続きなしで、利用いただけます(出典の記載方法は、本ポリシーの4-1または4-5を参照ください)。引用利用時において、ITRのWebサイト上で一般公開されていることが条件となります。

  • ­­ITRプレスリリース
  • ITR White Paper
  • ITR Research Paper
  • ITR CaseStudy
  • ITR PERSPECTIVE
  • その他、ITRのWebサイトにおいて一般公開しているコンテンツ

■引用可能なコンテンツ:引用利用時にITR Webサイト上で一般公開されているコンテンツ

■引用利用期間:期間の制限なし

  • – 全文の転載または配布を希望される際は、再販権のご購入が必要となります。別途、担当営業までお問い合わせください。

2-2 市場調査レポート

下記の市場調査レポートから引用する場合は、当該調査レポートのご購入が前提となり、事前の引用申請が必要となります(出典の記載方法は、本ポリシーの4-24-3を参照ください。2-1にも該当するコンテンツは4-1のポリシーが優先します)。

  • ­­『ITR Market View』
  • 『国内IT投資動向調査報告書』

■引用申請が可能なコンテンツ:ご購入済みの市場調査レポート

■引用利用期間:申請許諾以降は利用期間の制限なし

2-3 ITRアドバイザリー・サービスの提供物

ITRアドバイザリー・サービスのご契約企業が、同サービスが提供する下記のコンテンツから引用する場合は、事前の引用申請が必要となります(出典の記載方法は、本ポリシーの4-44-9を参照ください。2-1に該当するコンテンツは対象外)。

  • ­­『ITR Review』
  • 『ITR Insight』
  • 『Einstein’s Eye』
  • ITRアナリストのオンサイト資料

■引用申請が可能なコンテンツ:発行日/提供日より2年間

■引用利用期間:申請許諾日より2年間

  • – ご契約企業とITRとの個別契約の中に著作物の使用・引用に関する条文が含まれる場合は、契約書の内容が優先されます。
  • – なお、個別のインクワイアリーへの回答情報からの引用利用は認められません。

2-4 コンサルティング・サービスの提供物

コンサルティング・サービスのご契約企業が、下記の提供物から引用する場合は、事前の引用申請が必要となります(出典の記載方法は、本ポリシーの4-7を参照ください。2-1に該当するコンテンツは対象外)。

  • ­­最終報告書

■引用申請が可能なコンテンツ:提供日より2年間

■引用利用期間:申請許諾日より2年間

  • ­- ご契約企業とITRとの個別契約の中に著作物の使用・引用に関する条文が含まれる場合は、契約書の内容が優先されます。
  • 2-5 ITRアナリストの講演資料

    ITR主催もしくは外部主催のコンファレンス/セミナーの参加者が、ITRアナリストの講演資料から引用する場合は、事前の引用申請が必要となります(出典の記載方法は、本ポリシーの4-8を参照ください。2-1に該当するコンテンツは対象外)。

    • ­­講演資料

    ■引用申請が可能なコンテンツ:講演日より2年間

    ■引用利用期間:申請許諾日より2年間

3.引用が認められないケース

  • 『ITR Market View』に掲載している非公開情報を引用することは認められません(本ポリシーの4-2を参照ください)。
  • 原則、お客様が独自に集計した調査結果を引用することは認められません。
  • 不適切な内容の要約・改変、および誇張・拡大解釈のおそれがある抜粋・引用は認められません。また、お客様の引用先資料の前後の内容に即したものであることが必要となります。
  • お客様自身が作成された部分と当社コンテンツの引用部分を、読者が明確に判別できるかたちで掲載されていない場合は認められません。
  • ご購入/契約企業の親会社・グループ会社・販売代理店などでの引用先資料の利用は認められません。別途、ご利用主体の企業によるご購入/契約および引用申請手続きが必要となります。
  • 外部メディアおよび第三者の資料に掲載されているITRのコンテンツの引用利用については、発行者に直接ご相談ください。
  • 訴訟や企業買収関連におけるITRのコンテンツの社外使用は認められません。
  • その他、ITRの判断により、抜粋・引用が認められない場合があります。

4.出典の記載方法および注意点

引用では、必ず出典を明記ください。出典の記載方法は、以下のように引用元のコンテンツによって異なります。

4-1 ITRプレスリリース

例) 出典:ITRプレスリリース「プレスリリースのタイトル」発行年月日

引用する場合は、原則、全文を参照できるように、当該プレスリリースのURLも記載ください。

4-2 『ITR Market View』

    引用可能なコンテンツは、下記に限定されます。

    • a)市場規模、前年度比伸び率、市場予測値、CAGR(年平均成長率)などの数値(グラフ)、およびそれらに対するITRのコメント
    • b)お客様企業に関する、ベンダー別売上金額シェア、シェアの順位、ベンダーシェアの円グラフ、分析コメント、累計導入社数ランニングの順位(該当市場のみ)

    ITRの社名、引用元の正式レポート名称、対象市場名(レポートに記載している名称のまま)、および、シェアやランキングや売上金額に関する引用の場合は、その該当年度(予測値の場合は予測値と記載)と売上金額ベースである点を記載ください。

    例) 出典:ITR「ITR Market View:○○○○市場2021」○○○○〇市場:ベンダー別売上金額シェア(xxxx~xxxx年度予測)

    • ­過去の市場調査レポートから最新の市場調査レポートにまたがった連続したデータの引用に際しては、該当年度の調査データを掲載している全ての市場調査レポートの購入が必要となります。出典として記載する市場調査レポート名称は、最新のレポート名のみを記載ください。
    • お客様企業(販売代理店様の場合は販売している特定のベンダー)以外の、ベンダー/製品・サービスの売上金額/売上社数などの引用は許諾されません。
    • ベンダーシェアの円グラフを引用する場合は、他社の社名は(A社、B社などと)名称を伏せたかたちで使用しなければなりません。また社名をイニシャルで記載することは認められません。
    • ベンダーシェアの円グラフを引用する場合は、レポートの当該グラフに掲載しているベンダー数よりもさらに数値が小さいシェアのベンダーを独自に加えて引用することは認められません。
    • 業種別や売上規模別などの分野別の売上金額推移とシェアのデータは、非公開と定めているため、引用は許諾されません。
    • 当該レポートの掲載データからお客様が独自で算出したデータの引用は許諾されません。
    • お客様企業(販売代理店様の場合は販売している特定のベンダー)の複数の製品・サービスの売上金額の合計によるベンダーシェアを引用する場合、調査対象の全ての製品・サービス名を明記する必要があります。一部の製品・サービス名称のみが記載されている場合は、誤解が生じるため、許諾されません。

    4-3 『国内IT投資動向調査報告書』

    例) 出典:ITR「IT投資動向調査xxxx」、およびグラフの正式タイトル名など

    例) 出典:ITR「調査名」(xxxx年x月調査)、およびグラフの正式タイトル名など

    • ­ 過去の市場調査レポートから最新の市場調査レポートにまたがった連続したデータの引用に際しては、該当年度の調査データを掲載している全ての市場調査レポートの購入が必要となります。出典として記載する市場調査レポート名称は、最新のレポート名のみを記載ください。
    • ­ 当該レポートの掲載データからお客様が独自で算出したデータの引用は許諾されません。

    4-4 ITR Review、ITR Insight、ITR Einstein’s Eye

    例) 出典:ITR Review xxxx年x月号「レポートタイトル」

    例) 出典:ITR Insight xxxx年x号「レポートタイトル」

    例) 出典:ITR Einstein’s Eye xxxx年x月号「レポートタイトル」

    • 引用申請時点にITRアドバイザリー・サービスの契約を結んでいることが前提となります。
    • 記事全体を配布する場合は再販権のご購入が必要となりますので、別途、担当営業までお問い合わせください。

    4-5 ITR White Paper、ITR Research Paper、ITR CaseStudy、ITR PERSPECTIVE

    例) 出典:ITR White Paper「レポートタイトル」xxxx年x月発行

    例) 出典:ITR Research Paper「レポートタイトル」xxxx年x月発行

    例) 出典:ITR CaseStudy「レポートタイトル」xxxx年x月発行

    例) 出典:ITR PERSPECTIVE「レポートタイトル」xxxx年x月発行

    • 引用する場合は、原則、全文を参照できるようにURLの記載もお願いいたします。

    4-6 各種コンテンツ内に掲載されている調査結果

    例) 出典:ITR White Paper「レポートタイトル」xxxx年x月発行(xxxx年xx月調査)

    例) 出典:ITR Review xxxx年x月号「レポートタイトル」(xxxx年xx月調査)

    • 『ITR Market View』のデータの場合は4-2、『国内IT投資動向調査報告書』のデータの場合は4-3の記載方法を参照ください。

    4-7 コンサルティング・サービスの最終成果物

    例) 出典:ITR「資料名」○○年〇月

    • 出典に記載する年月には、最終成果物の提供日を記載ください。

    4-8 ITRアナリストの講演資料

    例) 出典:ITR「講演タイトル」講演資料(「ITRのセミナー名」xxxx年x月講演)

    例) 出典:ITR「講演タイトル」講演資料(○○○〇主催、「セミナー名」xxxx年x月講演)

    • ITR以外の主催の場合は、上記の○○○部分に主催者名を記載ください。

    4-9 ITRアナリストのオンサイト資料

    例) 出典:ITR「資料タイトル」○○年〇月

    • 出典に記載する年月には、オンサイトの開催日を記載ください。

    4-10 その他

    引用したコンテンツに、お客様が独自に作成した図やテキストを追加する場合は、出典の最後に下記のテキストを追加ください。

    例) 出典: ITR<<略>>を基に(貴社名)が作成

    • スペースの問題で必要な出典情報を記載できない広告(テキストバナーやリスティング広告など)やSNSへの引用では、リンク先にその出典情報をわかりやすいかたちで掲載することが必要となります。

5.違反行為について

本ポリシーに対する違反(ITRの承認を事前に得ていない状態で社外に向けて引用した、など)があった場合、ITRは違反行為について適切な行動をとる権利を有します。

6.免責事項

許諾した引用物において生じたあらゆる損害などについて、理由の如何に関わらず、ITRは一切の責任を負いません。

申請窓口/お問い合わせ先

株式会社アイ・ティ・アール PR担当

i.contact@itr.co.jp